投資用不動産を相場以下で取得するロジック解説と実現手段を提供する

Direct trading system

不動産を相場以下で取得する事は可能か ? その方法に再現性はあるか ?

捉え方が肝心ではある点と認識を正す必要はあるが可能であり再現性もある。投資活動を行う上で実態よりも安く不動産を取得する術に興味を持たない人はいないであろう。その取得までの道程を解説するとともに実現手段を提供する。

まず、認識を整理するところから始めよう。

不動産の相場となる基準

INSERT-CONTENT: NOT FOUND POST ID.

不動産の相場となる基準

相場算出までの道程

INSERT-CONTENT: NOT FOUND POST ID.

相場算出までの道程

必要情報の読み取り・収集・分析

INSERT-CONTENT: NOT FOUND POST ID.

データ整理と相場算出

INSERT-CONTENT: NOT FOUND POST ID.

データ整理と相場算出

相場以下の取引のみを選択

INSERT-CONTENT: NOT FOUND POST ID.

難課題の整理と解決法

難課題でありつつしかし、実現に必要な事は適切な相場 ( 実勢価格 ) の算出にあるが、その必要データ収集、分析、キャップレート算出が極めて大変であることがあげられる。また、不動産検索サイトにもそのようなデータ提示はなく、不動産流通のプロである宅建業者も算出可能なデータ収集、分析は行ってはいない。

実現する為には手間はかかるが上記必要情報を収集し、分析し算出を行えば相場を把握することができ、そしてその中から相場以下の取引のみを行えばよい。

当社は不動産取得において販売活動中の物件ではなく、市場における運営中の収益不動産を対象に相場算出に必要なデータを収集している。目的は相場以下での取引ではなく、現販売中か否かに限らず、良取引となる条件がだせる物件分析と場合によっては取引のオファーを物件オーナーに持ち込むためである。

その中には当然、個別要因によって相場以下での取引にならざるをえないケースも出てくる。また、相場を基準とするわけでなく、今題とは少々目的を異なるものとするが、相場超えでも良取引でないと成約には至らない。まとまる場合は売主・買主双方にとって良取引である場合のみである。

現在のエリアは東京のみだが、個人、小規模賃貸業者が望むタイプの物件、価格帯になるだろう現在運営されている収益不動産をターゲットに独自調査している。

将来に渡る蓄積収益額の算出、厳密な収益シュミレート、表面上の相場価格、相続税評価額、 DDCF による評価、不動産オーナー、その連絡先まで 1 件ずつ既に数万件の調査が完了している。

これらの情報を手にできたらどうだろうか。現在この情報提供サービスの利用枠はいっぱいとなっており、募集は停止中だが、そう遠くない時期に追加募集する予定でいる。

募集再開しました。

宅建業者用 : 物上げ用専用システム ( 全物件種別対応 ) です。

非宅建業者・不動産投資家用は独自仕入ラインの構築と商談力を生かした新たな大きな収入源を提供します。

 独立をお考えの不動産従事者にもおすすめかもしれません。 

下記デモページ公開と共に募集開始とさせて頂きます。

▶一般募集は終了させて頂きました。

ご興味がある方は、サービスの情報を提供するので、下記フォームをご利用頂きたい。

※配信メールはHTML形式になります。文字化けがおこる場合はエンコードを変更下さい。またテキスト形式のみを表示設定としている方は、メール本文最上段のリンクよりブラウザでご覧いただけます。